MENU

生理的飛蚊症の種類や改善方法

飛蚊症

飛蚊症は大きく分けて、「病的飛蚊症」と「生理的飛蚊症」に分類されます。

 

病的飛蚊症はさらに分類されると、網膜剥離や白内障などの眼病が原因で飛蚊症を起こします。

 

一方の生理的飛蚊症は、眼病が要因ではないため、特別な治療はいりません。ただ、不快な症状は何もしないと改善されませんから、自主的に対策をはじめましょう。

 

まず、生理的飛蚊症にも種類があります。

 

大きくわけて、「先天性生理的飛蚊症、近視性生理的飛蚊症、老人性生理的飛蚊症」に分類されます。

 

どれも症状はほぼ同じで、黒い影や点々、白い浮遊物、虫が飛んでいるようにみえるなどの症状が出ます。

 

飛蚊症の症状を根本的に改善していくためには、体質から改善していくことが大切です。

 

実は飛蚊症になりやすい人の多くが、似た体質であるとされています。

 

 

  • 冷え性で体が冷えやすい
  • むくみやすい、水太り
  • 倦怠感がある
  • 関節痛がある
  • 胃弱
  • 常に眠気がある

など。

 

このような不調がある方は、飛蚊症になりやすいです。またそれぞれのトラブルを改善するためにも、体質改善をはかりましょう。

 

上記の体質に共通しているのが、血流です。どれも血流が悪いことから起こります。

 

血流が悪くなることで内臓の働きも低下し、必要な栄養が行き届かなくなることで飛蚊症も引き起こしやすくなります。

 

ですから、血流改善が最優先となります。体質が改善されて血流が良くなると、すべての機能が向上し、内臓や組織も健康になります。

 

また、体質改善に漢方を使う方法もあります。

 

漢方利用者の声では、短期間で飛蚊症の症状が緩和されたという話もあります。