MENU

飛蚊症が関連する眼病・病気

飛蚊症が関連する眼病・病気

 

飛蚊症は大きく分けると、「病的飛蚊症」と「生理的飛蚊症」というタイプに分類されます。

 

生理的飛蚊症は、老化的飛蚊症など加齢や、近視などが原因で発症することがあります。この場合は病変がないので特別な治療もいりません。

 

ですが、病的飛蚊症は、病気が原因です。この場合は深刻で、病気によっては失明に至るリスクもあるので気を付けてください。

 

病気の早期発見のためにも、まずは眼科で検査を受けましょう。

 

飛蚊症の症状が伴う主な眼病が、「ぶどう膜炎、網膜裂孔、網膜剥離」などです。

 

ぶどう膜炎とは、虹彩や毛様体、脈絡膜であるぶどう膜に、細菌や毒素が侵入して炎症が発生している状態をさします。血管から浸出液などが入り込んで飛蚊症を引き起こしてしまいます。そのまま放置していると症状は悪化し、視力低下の原因にもなります。

 

網膜剥離とは文字通り、網膜が剥がれている状態です。何らかの原因により硝子体の外部に網膜が剥がれ出ている状態です。そこから液化した硝子体や血液が漏れ出してしまいます。

 

網膜裂孔は、網膜に穴が開いた状態で、網膜剥離の前兆と言えます。

 

また、眼病に限らず、生活習慣病からくることもあります。とくに糖尿病は合併症として眼病を引き起こし、飛蚊症になることも。

 

他にも、高血圧や外傷による目のケガなども原因になり、これらの影響で眼底出血が起こしたときに飛蚊症が症状としてあらわれます。

 

その他、近視の人は飛蚊症になりやすいと言われています。

 

近くにあるものを見ようとピントを調節するために水晶体が膨らみ、眼球も変形するのですが、このとき網膜が引っ張られて飛蚊症が出やすくなります。