MENU

飛蚊症の原因や家庭でできるケア方法

飛蚊症の原因や家庭でできるケア方法

 

飛蚊症は誰にでも起こる目のトラブルです。

 

実際には虫がいないのに、視界の中に蚊が飛び交っているような症状があります。黒い点々や黒い影、白い浮遊物などが視界に入っている状態です。

 

飛蚊症が発生する原因ですが、主に老化が原因で起こることが多いとされています。

 

加齢によって体とともに目が衰えていくことで飛蚊症が出ます。

 

この他には、目の疲れや過労からくる抵抗力の低下、先天的虚弱体質、すい臓や腎臓の衰え、自律神経の乱れなどが原因とされています。

 

ほとんどの場合、飛蚊症は生理的なものですが、病的飛蚊症といって病気が原因のケースもあります。まず原因や正しい診断を受けるようにしてください。

 

また、飛蚊症は対策も回復も可能です。特別な治療がいらない場合でも、家庭でできるケア方法があります。

  1. まず目に負担をかけないように気を付けることです。パソコンを長時間続けて使うと、目に大きなダメージを与えてしまいます。ブルーライトの影響で目は疲れ切ってしまい、飛蚊症を招きます。
  2. 1時間に5〜10分は休憩をとり、目を休めて疲労を溜めこまないようにしてください。
  3. 次に食習慣です。食事が偏っていて栄養不足になることも飛蚊症を引き起こします。
  4. とくに目に良い栄養素を摂りましょう。ビタミン類をはじめ、アントシアニンなどがおすすめです。
  5. また、漢方もおすすめです。漢方を始めた方で、飛蚊症が回復したというケースもあります。