MENU

飛蚊症の症状

飛蚊症

飛蚊症の症状は一般的に、簡単に言うと視界の中を虫が飛んでいるように見える状態です。

  • 黒い浮遊物のような点々や影がかかる
  • 視界の中を白い線が浮かんでいるようにみえる

 

まるで、煩わしい蚊が飛んでいるような症状から飛蚊症と呼ばれているそうです。

 

これは硝子体が何らかの原因によって濁ることで起こります。

 

ほとんどの場合、加齢によって発症しやすいと言われていますが、若い人でも近視の人や長時間パソコンやスマートフォンを使う方が発症しやすいとされています。

 

これらの場合は生理的飛蚊症とされますが、病気によって発症することもあります。ですので、念のため、硝子体などに関する検査をおすすめします。

 

病的飛蚊症の場合、原因の病気にもいくつかあります。

 

短期間のうちに急激に飛蚊症の症状が出て、黒い点や影が増えたと感じる場合は、「ぶどう膜炎」の疑いがあります。あるいは、硝子体がうっ血することでも起こります。
黒い影が眼球の動きに関係なく動いて見えたり、ものがぼやけ歪んでみえる、また視力の低下が伴っている状態は、「網膜剥離、白内障、黄斑病変」の疑いがあります。
また、目がチカチカする症状が出ているようなら、硝子体の病変網膜剥離の前兆の疑いがあります。

 

病気の場合は適切な治療が必要になるため、まずは眼科で検査を受けてください。結果、病気ではない場合はサプリメントを利用するなど、生活の中で改善・対策を始めましょう。