MENU

飛蚊症を感じたらまず検査を

飛蚊症

 

飛蚊症は軽い症状ではありません。病気の原因ではなく、生理的飛蚊症の可能性もありますが、何らかの原因によって硝子体に病変が生じ、また網膜に異常が起きているれっきとした視覚障害の一種と言えます。

 

勝手に飛蚊症を生理的飛蚊症と自己判断してしまい病気を見落とすと、最悪の場合、失明にいたるリスクもありえます。

 

飛蚊症の症状が伴う眼病は多々あります。

 

早期発見のためにも違和感が出たら、まずは検査を受けるようにしてください。

 

検査によって網膜にトラブルが出ていないかチェックし、問題がなければ生理的飛蚊症と判断されます。たとえば、老化による飛蚊症(老化的飛蚊症)など。

 

飛蚊症そのものが日常生活に影響をもたらしますが、眼病を発症すると、さらに日常生活が不自由になってしまいます。

 

まず、検査によって異常が出た場合は、必要なら他の検査も行って診断することがあります。

 

網膜検査によって網膜裂孔や出血、炎症などの症状があり、視界の一部が欠損する状態は病気が疑われます。

 

とくに糖尿病高血圧などの生活習慣病を発症している方はリスクが高いとされています。

 

眼病はかつて失明に至ると言われていた病気も、医療の進歩によって症状を食い止めることも不可能ではありません。そのために早期発見が重要になるので、まずは眼科で検査を受けてください。