MENU

飛蚊症を放置したときのリスク

飛蚊症

 

飛蚊症はどこか軽い症状と思われやすいのですが、放置しても勝手に治るものではありません。その陰には病気が潜んでいることもあり、気付かないうちに進行してしまうこともあります。

 

飛蚊症の主な原因は、網膜異常によって起こります。網膜異常が悪化した場合、飛蚊症に伴い、あるいは進行して他の症状があらわれます。

 

たとえば、

「異常なまぶしさ」

です。

 

 

暗いところから明るいところに出るとまぶしく感じるものですが、網膜異常が悪化すると、液化した硝子体が裂孔を通して神経上皮層に入り込んで、網膜細胞を刺激して、異常にまぶしさを感じることがあります。

 

特徴的なのが、視界の一部がまぶしく感じることです。これは、網膜剥離の前兆ともされているため、早急に眼科で検査を受けてください。

 

また、飛蚊症そのものが悪化することもあります。

 

視界の中をチラホラと黒い点や白い浮遊物が飛び交っているような状態が、進行することによって、大量に蚊が飛び交っているように感じることがあります。

 

この場合は、網膜剥離によって剥がれた皮質や網膜の血管、また組織がやぶれて出血した状態が起きている可能性があります。近視でこの症状に思い当たる方は、眼底検査など精密検査が必要になります。

 

重篤な症状としては、「視力低下、視力障害」があげられます。

 

黄斑部近くの網膜に異常が起きている場合に、この症状があらわれます。ものが歪んでみえたり、ぼやけてみえるようなこともあります。

 

病気の疑いがある限り、まずは眼科で検査を受けるようにしてください。